TOP INFORMATION ENGLISH POLICY LINK
FREDDY KING

★この度はJUNK-HEADZのサイトをご覧になっていただき誠にありがとうございます。

ご購入希望の方は、左サイドバーの購入フォーム

(※左サイドバーが出ていないという方はお手数ですが、こちらより一度トップページにお戻り頂けますと幸いです。⇒

または各アイテムに付随している購入フォームよりお気軽にタイトルとアイテム名をご送信ください。

(※左サイドバー購入フォームのほうがいくつでもタイトル名を記入でき、手間がはぶけて便利です。是非、お気軽にご利用ください。)


←JUNK-HEADZ商品をお買い上げ頂いた方々から寄せられた感想を集めてみました。購入の際の参考にしてみてください。

お問合わせフォーム
お名前:
住所: (※省略可)
電話番号: (※省略可)
E-mail:
(※Eメールアドレスは必須です。)
お問合わせ内容。

お気軽にどうぞ!





最新ニューリリースアイテム



以下は最新ニューリリースアイテムです。

お気軽にご購入ください。全速力でお手元へとお届けします。





2018/7/11

◆FREDDIE KING / FUNKY 335 【1CDR】 \2,000

Recorded Live at Onkel Po's Carnegie Hall,
Hamburg, Germany, October 9, 1975

NRR-CD18001 *** Soundboard recording *** 57 min

本タイトルはブルースの名盤です。ブルースの真髄はライヴにあり。初心者からマニアまで幅広く大推薦のタイトルです。ブルース三大キングの中でも最もテクニックに長けた フレディの迫力満点のライヴを極上サウンドボードよりリマスタリング収録。歪んだオルガンにタイトなリズム、肩にヒョイとひっ掛けたギブソンES335のハムバッカーがうなり、 のけ反るほどの野太い音圧。ロック・ファンにはクラプトンでお馴染み『HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN』はこれぞホンモノ。この迫力、もうロックには戻れなくなりますので。

1. Intro 2. BIG LEGGED WOMAN 3. THE MOON IS RISING 4. WOMAN ACROSS THE RIVER 5. HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN / ROCK ME BABY 6. SOMETHING YOU GOT 7. AIN'T NOBODY'S BUSINESS 8. GOING DOWN



購入希望
CHECK!
購入希望の方は上のボタンをクリックしてください。




2013/9

□FREDDIE KING / TEXAS 1975【1CDR】(WR-427) ¥3,200
SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at January Sound Studios Dallas, Texas, March 31, 1975.

三大ブルース・ギタリスト・キングの1人“フレディ・キング”1975年、地元?!テキサスでの迫力のステージを高音質スタジオ・サウンドボード音源で収録した貴重なタイトルが登場!本タイトルは、クラプトンを始め数多くのミュージシャンに影響を与えたブルース界の重鎮“フレディ・キング”の迫力のライブを収録した感動のタイトル。全編、“フレディ・キング”節炸裂のステージは超圧巻です!奇しくも、この翌年、同地で天に召された彼のブルース魂全開の迫力のステージを存分に堪能出来るオススメのライブ盤です!!

01. KZEW Intro (Ken Rundell) / 02. Big Legged Woman / 03. Woman Across The River / 04. While The Moon Is Shining Bright
05. Ain't Nobody's Business / 06. Key To The Highway / 07. Hideaway / 08. Goin' Down / 09. Early One Morning
10. Come On (Part III) / 11. Have You Ever Loved A Woman / 12. KZEW Outro / Lone Star Beer Commercial


販売中 価格  ¥ 3200

購入希望
CHECK!
購入希望の方は上のボタンをクリックしてください。




2009/12/20

□□FREDDIE KING
// LIVE AT ULTRASONIC STUDIO 1973 \4,200

OMCD-11066 (1CDR) // EX-SBD Recording // 2011 Digital Remaster
Live at Ultrasonic Studios, Hempstead, NY, someday in 1973 // Freddie King - g, vo / Lewis Stevens - p / Deacon Jones ? org / Floyd Bonner - g / Charlie Robinson - ds / Bennie King - b // 1. Big Legged Woman / 2. Woman Across the River / 3. Look On Yonder Wall / 4. band Intro - Ain't No Sunshine / 5. Sweet Home Chicago / 6. Boogie Funk / 7. Stormy Monday Blues - Little Bluebird / 8. Let The Good Times Roll / 9. Going Down //

エリック・クラプトンに最も直接的影響を与えたフレディ・キングのスタジオ・ライヴ音源です。自身の弟をバンマスに、ピアノとオルガンを加えたバンドはファンク・バンド。お馴染みビル・ウィザース作の名曲“エイント・ノー・サンシャイン”の冒頭でヒート・ダウンしバンド紹介を経て、後は最後まで凄まじい勢いで駆け抜けます。ブルース含むブラック・ミュージック・ファンは当然ですが、ブルースをルーツに持つような白人ギタリストが好きな方も必聴です。あ、音質は最高です。サウンドボード・マスターよりリマスタリング収録で、マスターは若干ブーミーぎみでしたが、丁寧にブラッシュアップされ、最上級の音質でお楽しみいただけます。とにかく必携。


販売中 価格  ¥ 4200

購入希望
CHECK!
購入希望の方は上のボタンをクリックしてください。






2009/11/20

>>FREDDY KING
/ LIVE IN HAMBURG 1975 (2CD-R)

SATELLITE-105 \3,500

1966年10月19日、ハンブルク、ONKEL PO'S CARNEGIE HALL公演の高音質ステレオ・サウンドボード音源が最新デジタル・リマスタリングで登場!

ファンキー・ブルース・キング、フレディ・キングの1975年西ドイツ、ハンブルクでの超絶ファンキーライヴ音源を収録した2枚組アイテム。

エレクトリック・ピアノやオルガンとの絡みがたまらない黒汁たっぷりのファンキー・ブルース全開の大推薦盤!

サウンドボード音源ということで音質はもちろんオフィシャル級の高音質で、選曲も代表曲やスタンダードを始め、数多くの黒人アーティストがこぞってカバーしたデイヴ・メイスン作の#7「Feelin' Alright」などソウル・テイスト溢れる聴きどころ満載の全21トラック、152分。ブルース・ファン、リズム・アンド・ブルース・ファン必聴です!!

DISC 1
1. Jam
2. Big Leg Woman
3. The Moon Is Rising
4. Woman Across The River
5. Boogie Funk
6. 56th And Wichita
7. Feelin' Alright
8. Mojo Boogie
9. Have You Ever Loved A Woman
10. Rock Me Baby
11. Something You Got
12. Messin' With The Kid

DISC 2
1. Sweet Home Chicago
2. You're The One
3. Woke Up This Morning
4. Ain't Nobody's Business
5. King's Thing
6. Goin' Down
7. The Things I Used To Do
8. Let The Good Times Roll
9. Stormy Monday

Live at Onkel Po's Carnegie Hall, Hamburg, Germany - October 19, 1975
Degital Remaster

販売中  価格  ¥ 3500

購入希望
CHECK!
購入希望の方は上のボタンをクリックしてください。






2009/9/17
□□FREDDIE KING
// FESTIVAL IN 1969 \4,200

フレディ・キングの、1969年の二つの音源をカップリング収録。

片方シカゴ大学・フェークフェスティヴァル、こちらはオフィシャルクオリティのサウンドボード。

もう片方アンアーバー・ブルースフェスティヴァル、こちらはあまり音の良くないオーディエンス録音で、サックスやオルガンを配したファンキーなアプローチ。

1975年のライヴは比較的多く残されているフレディ・キングですが、1969年の音源は貴重です。エリック・クラプトンの原点ここにあり。

OMCD-08022 (1CDR) // EX-SBD & VG-AUD Recording // 2008 Digital Remaster
Live at UNIVERSITY OF CHICAGO FOLK FESTIVAL, February 1969 (EX-SBD)
Live at ANN ARBOR BLUES FESTIVAL, August 1969 (AUD)
1. SAN-HO-ZAY / 2. HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN / 3. HIDEAWAY / 4. I'LL JUST PLAY IT COOL / 5. GOT MY MOJO WORKING (Instrumental) / 6. SOMETHING YOU GOT / 7. Instrumental / 8. LAWDY MAMA / 9. HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN / 10. GET OUT MY LIFE WOMAN / 11. HIDEAWAY / 12. LISTEN TO ME / 13. I'LL JUST PLAY IT COOL //



販売中 価格  ¥ 4200

購入希望
CHECK!
購入希望の方は上のボタンをクリックしてください。




2005/11/18

◆FREDDY KING
/ Funk Blues Shuffle

Recorded Live In Humburg , Germany, 10/19/1975
Soundbourd Recording (BMM-002) 【1CDR】

エリック・クラプトンをはじめとするブルース・ルーツのロック・ミュージシャン達に多大な影響を与えたフレディ・キングのサウンドボード・ライヴ音源登場です!

1975年10月19日、ドイツで行われたライヴを超高音質のサウンドボード録音で収録。フレディのライヴはオフィシャルでもあまり音が良くないものもリリースされており、まさにオフィシャルを超える音質といっても過言ではありません!

最終曲がフェード・アウトなのが残念ですが全体的に演奏は非常に素晴らしく、ハムバッカーの野太い音でぐいぐいと引き込まれます!エリック・クラプトンによるカヴァーは聴いたことが無い方は是非本家を聴いてみて下さい。

ブルースは渋過ぎと思ってる方、腰抜かします!この野太いギターサウンドに熱のこもったグルーヴは、とくにロックファン、ファンクファンに聴いてもらいたいアイテムです。

01 Intro 02 Big Legged Woman 03 Traffic Light Blues 04 Woman Across The River 05 Jam Blues 06 Band Intro 07 Feeding Alright 08 Hideaway 09 -Mojo Boogie 10 Things I Used To Do 11 Let The Good Times Roll 12 Stormy Monday-My Little Bluebird (Fade Out)
1CDR \3,600


販売中 価格  ¥3600

購入希望
CHECK!
購入希望の方は上のボタンをクリックしてください。