TOP INFORMATION ENGLISH POLICY LINK
Steve Gadd

★この度はJUNK-HEADZのサイトをご覧になっていただき誠にありがとうございます。

ご購入希望の方は、左サイドバーの購入フォーム

(※左サイドバーが出ていないという方はお手数ですが、こちらより一度トップページにお戻り頂けますと幸いです。⇒

または各アイテムに付随している購入フォームよりお気軽にタイトルとアイテム名をご送信ください。

(※左サイドバー購入フォームのほうがいくつでもタイトル名を記入でき、手間がはぶけて便利です。是非、お気軽にご利用ください。)


←JUNK-HEADZ商品をお買い上げ頂いた方々から寄せられた感想を集めてみました。購入の際の参考にしてみてください。

お問合わせフォーム
お名前:
住所: (※省略可)
電話番号: (※省略可)
E-mail:
(※Eメールアドレスは必須です。)
お問合わせ内容。

お気軽にどうぞ!





最新ニューリリースアイテム



以下は最新ニューリリースアイテムです。

お気軽にご購入ください。全速力でお手元へとお届けします。





2018/12/21


■THE STEVE GADD BAND
/LIVE AT CATALINA JAZZ CLUB 2018(1CDR)092 \3400

ロックからジャズ・フュージョンまで幅広い活動で人気の高いセッション・ドラマー、スティーヴ・ガッド自ら率いるバンドでの最新ライブが到着!2018年12月9日 ハリウッドのジャズ・クラブで収録されたもので、メンバーはマイケル・ランドウ(g)、ジミー・ジョンソン(b)、ケヴィン・ヘイズ(key)、ウォルト・ファウラー(tp) をはじめスティーヴの息子であるデューク・ガッドも参加。クラブ・ギグならではの臨場感溢れる極上高音質オーディエンス録音マスターによるコレクター必聴の最新ライブ音源 です。

01. Introduction/02. Where's Earth/03. Rat Race/04. The Long Way Home/05. Green Foam/06. Africa/07. Norma's Girl/08. Way Back Home/09. The Windup /10. Watching The River Flow
Late Show Live At Catalina Jazz Club, Hollywood, California December 9th 2018



購入希望
CHECK!
購入希望の方は上のボタンをクリックしてください。






2016/11/17


■STEVE GADD BAND/STOCKHOLM JAZZ FESTIVAL 2016(1CDR)
077 \3400

ロックからジャズ・フュージョンまで数多くの名演奏を披露してきたスーパー・セッション・ドラマー、スティーブ・ガッドの2016年最新サウンドボード・ライブが初登場! 2016年10月10日スエーデンで開催されたストックホルム・ジャズ・フェスティバルでの公演を収録。昨年の”TOKYO JAZZ FESTIVAL”での 来日公演以降も精力的にライブ活動を続けているスティーブ・ガッド・バンドの極上クオリティによる最新サウンドボード・ライブをお届けします!

1. The Windup/2. Band Introduction/3. Cavaliero/4. Africa/5. Way Back Home/6. Desu/7. Sly Boots/8. Blues For...

Stockholm Jazz Festival 2016:
Live At Debaser Medis, Stockholm, Sweden 10 October 2016



購入希望
CHECK!
購入希望の方は上のボタンをクリックしてください。






2015/12/11


■STEVE GADD BAND/LEVERKUSENER JAZZTAGE 2015(1BDR)
VS-261BDR \3800

ロックのみならずジャズ・フュージョンでもお馴染みの巨匠ドラマー、スティーブ・ガッドの2015年最新ライブ映像がブルーレイ・ディスクで初登場! 2015年11月9日ドイツ・レバークーゼンで行われたジャズテージ・フェスティバルの模様をHDクオリティの高画質プロショットで収録。 さらにエクストラでは2015年9月6日東京ジャズ・フェスティバル、6月26日ニューヨーク・ロチェスターさらに5月26日英国ノーザンプトンでのライブ映像も追加収録。2015年スティーブ・ガッド・バンドのTVライブ映像がまとめられた大推薦タイトルです!

LEVERKUSENER JAZZTAGE 2015
1. Intro/2. The Wind Up/3. The Long Way Home/4. Green Foam/5. Desu/6. Way Back Home/7. Duke's Anthem/8. Africa/9. Oh Yeah!/10. Blues For...
Live at Forum Leverkusen, Leverkusen, Germany November 9, 2015

TOKYO JAZZ FESTIVAL
1. The Wind Up/2. Africa/3. Interview
Live at International Forum A, Tokyo, Japan September 6, 2015

ROCHESTER JAZZ FESTIVAL
4. Way Back Home
Live at Kodak Hall at Eastman Theater, Rochester, New York, USA June 26, 2015

THE WORLD'S GREATEST DRUMMER CONCERT 2015
5. Interview/6. Jam #1 (with Ian Palmer, Pete Cater and Steve White)/7. Jam #2 (with Ian Palmer, Pete Cater and Steve White)
Live at Derngate Theatre, Northampton, UK May 26, 2015

NTSC 16:9 LPCM Stereo time approx. 135min.



購入希望
CHECK!
購入希望の方は上のボタンをクリックしてください。






2009/11/28

□Steve Gadd & Friends (2CD-R)
「San Francisco 2009」

All Blues Records-032 \4,800

2009年11/15、サンフランシスコでおこなわれたSteve Gadd、Joey DeFrancesco、Paul Bollenback、Ronnie Cuberのカルテットによるライブを、極上音質のオーディエンス・マスターより24bitデジタル・リマスタリング収録。

昨年の来日公演でも素晴しいパフォーマンスを見せてくれたプロジェクト“Steve Gadd & Friends”の珠玉のパフォーマンスを、最高級の音質で楽しむことが出来る贅沢なタイトルです。来日公演とはセット進行も一部変わっているので、ファンは要チェックです!!

◆Yoshi's, San Francisco, CA 15th November 2009 [Ex Audiience Master / 24bit digitally remastered]

<Disc 1> 1. Introduction 2. Things Ain't What They Used To Be 3. Winelight 4. Undecided 5. Bye Bye Blackbird

<Disc 2> 1. Them Changes 2. Back At The Chicken Shack 3. Georgia On My Mind 4. Scream (Not Shout) ◇Personnel; Steve Gadd (Drums), Joey DeFrancesco (Hammond B3 Organ, Trumpet), Paul Bollenback (Guitar), & Ronnie Cuber (Baritone Saxophone)



購入希望
CHECK!
購入希望の方は上のボタンをクリックしてください。




2008/9/17

□Steve Gadd & Friends featuring Ronnie Cuber, Joey DeFrancesco, Paul Bollenback (1CD-R)
「Live In Tokyo 2008」

Wildlife Records-011 \3,500

Steve Gadd & Friendsの2008年9/1東京公演(セカンド・ショウ)を極上音質のオーディエンス録音にて完全収録。

Gadd Gang時代からの盟友Ronnie Cuber、ハモンド・オルガンの鬼才Joey DeFrancescoとその僚友Paul Bollenbackというメンツでおこなわれた珠玉のステージ、冒頭Gadd Gang時代の「Things Ain't What They Used To Be」からバンドのテンションは最高潮、Ronnie Cuberの「Flamingo」、Joeyのオルガン・サウンドが最高に心地よい「Way Back Home」、一転アップテンポの「Them Changes」における凄まじいグルーヴ、Ronnie Cuberのバリトンサックスが唸りを上げる名曲「Caravan」、アンコールの「Back at the Chicken Shack」まで、文字通り息つく間もない素晴しいパフォーマンスを見せつけてくれました。

バンド全体が文字通り一体となって繰り出す緩急自在の贅沢すぎる音空間と、各曲にたっぷりと用意されたソロ・タイムはただただ圧巻の一言!最終日ならではの熱気が立ち込める会場の空気をそのまま真空パックしたかのような最高級の音質で、興奮のステージを追体験できる大推薦のアイテムです!

◆Live in Tokyo, 1st September 2008 (2nd show)
1.THINGS AIN'T WHAT THEY USED TO BE 2.FLAMINGO 3.PLEASE SEND ME SOMEONE TO LOVE 4.UNDECIDED 5.WAY BACK HOME 6.THEM CHANGES 7.JUST SQUEEZE ME 8.CARAVAN 9.BACK AT THE CHICKEN SHACK
◇Personnel; Steve Gadd (drums), Ronnie Cuber (baritone saxophone), Joey DeFrancesco (hammond B3 organ, trumpet), & Paul Bollenback (guitar)

販売中  価格  ¥ 3500

購入希望
CHECK!
購入希望の方は上のボタンをクリックしてください。




2008/9/17

□Steve Gadd, Stanley Clarke, Ian Bairnson, Curt Cress, Kurt Baebi, Hermann Weindorf (1DVD-R)
「Jazz In Concert 1984」

Rainbow Seeker DVD-004 82min. Pro-shot \3,500

Steve Gadd、Stanley Clarke、Ian Bairnson、Curt Cress等による1984年のスペシャル・ライブを放送用プロショット・マスターより収録。

"Jazz in Concert"という番組用にスイスのチューリッヒでおこなわれたライブを収録したもので、映像・音声ともに時代を考えるならば十分にハイ・クオリティといってよい大変安定した収録内容となっています。

Steve GaddとCurt Cressのツイン・ドラムにStanley Clarkeのベース、Ian BairnsonのギターにKurt BaebiとHermann Weindorfのダブル・キーボードという取り合わせ自体が大変珍しい貴重な映像、全編ここでしか見ることが出来ないレア・シーンの宝庫です。

中でも当時Bob James、George Benson、Dave Grusin、Chuck Mangione等々、数え切れないセッションワークをこなし多忙を極めていたSteve Gaddの超絶プレイは最大の見所といえるでしょう!

◆"Jazz in Concert", Switzerland, 1984
1. opening 2. member introduction 3. Space Ship Holiday 4. interview with Curt Cress 5. Bahama System 6. interview with Hermann Weindorf 7. Fragile 8. interview with Steve Gadd 9. Drum Duo Gadd & Cress 10. Devils 11. My Greatest Hits 12. interview with Stanley Clarke 13. Blues Brothers 14. interview with Ian Bairnson 15. Dry Ice 16. interview with Kurt Baebi 17. Deep in my Heart 18. Basic Fever
◇Personnel; Steve Gadd (drums), Stanley Clarke (bass), Ian Bairnson (guitar), Curt Cress (drums), Kurt Baebi (keys), & Hermann Weindorf (keys)

販売中  価格  ¥ 3500

購入希望
CHECK!
購入希望の方は上のボタンをクリックしてください。




2008/2/8

□Steve Gadd (1DVD-R)
「Drum Clinic 199X」

Second Line-033 101min. Pro-shot \3,500

マニア向け度"特A"クラスのアイテム、Steve Gaddのドラム・クリニック映像が入荷。

ガッドの外見から推察するに恐らく90年前後、ロスのMIでおこなわれた、多くの若き後進ドラマー達と一部のマニア・関係者を前にしての100分にも及ぶ技術指南会の模様を、マルチカメラのプロショットにて捉えたファン卒倒の映像となります。

アナログのマスターを用いているので画像の鮮明さには欠けますが、ルーディメンツ・プレイを始めとした人間離れしたガッドのドラムワークの細部までを余すところ無く捉えきっているので、そんなことは全く気になりません。

途中で随所に挟まれるガッドのコメント、残念ながら日本語字幕はありませんが、そのプレイをご覧いただければ言わんとするところは十分に伝わるはず、なぜなら音楽は万国共通の言語ですから。

とにかく、この映像に衝撃を受けないドラマーはいないはず、これからドラムを始めてみようかという向きにも、そして子供にドラムを学ばせたいという親御さんにも大推薦のタイトルです!

◆Musicians Institue, Los Angeles, early 90's 01.Part-1 02.Part-2 03.Part-3 04.Part-4 05.Part-5 06.Part-6 07.Part-7 08.Part-8 09.Part-9 10.Part-10 11.Part-11 12.Part-12 13.Part-13 14.Part-14

販売中  価格  ¥ 3500

購入希望
CHECK!
購入希望の方は上のボタンをクリックしてください。




2007/9/12

□Steve Gadd (1DVD-R)
「Gadd Gang '88 & Gadd Band '85」

Tribal Blast DVD-015 142min. Pro-shot \3,500

Steve Gadd、STUFFファン垂涎の強烈な映像アイテムが入荷!!

前半62分は、STUFF時代の盟友Richard Tee、Cornell Dupreeと結成したGadd Gangの1988年9月ボトムライン公演を、マスタークオリティの超鮮明なプロショット映像&デジタル・リマスタリングが施されたDolby Digital 2.0の完璧な音質にて収録しています。

同年の来日公演ではヨレヨレのミッキーマウスのTシャツで観客を圧倒したGadd、この日は黒い長袖のシャツで期待に違わぬ圧巻のパフォーマンスを披露しています。

セットリストもツボをおさえた完璧な内容で、Tee & Dupreeによる正にSTUFFそのものの至福のサウンドは言わずもがな、GaddのベストパートナーEddie Gomezのゴードンとは一味違ったプレイは聴き物で、Ronnie Cuberのサックスもバンドに完璧にフィットしています。

後半は1985年にテレビ放送されたSteve Gadd Bandによる演奏を、各メンバーへのインタビュー等を挟みながら80分近くに亘り収録しており、こちらも時代を感じさせない高画質・高音質な内容となっています。

◆The Gadd Gang, Live at the Bottom Line, September 1988 (62m15s) / Dolby Digital 2.0 / Digitally Remastered Sound Source 1.Watching The River Flow 2.Way Back Home 3.My Girl / Them Changes 4.A Whiter Shade of Pale 5.Take The "A" Train 6.I Can't Turn You Loose 7.Signend, Sealed, Delivered, I'm Yours 8.Honky Tonk 9.I Can't Stop Loving You <Personnel: Steve Gadd - drums, Eddie Gomez - bass, Ronnie Cuber - sax, Richard Tee - keyboards, & Cornell Dupree - guitar> ◆Steve Gadd Band, Jazz In Concert 1985 (TV broadcasted on 1Plus & 3sat), Studio Live & Talk (79m21s) 1.introduction for part-1 2.Things Ain't What They Used To Be 3.Leavin' Tomorrow 4.interview with Gadd 5.Mez-Ga 6.interview with Gomez 7.Montauk Moon 8.My Little Brother (cut out/in) 9.Lucky 13 10.introduction for part-2 11.Manhattan Update 12.interview with Bernhardt 13.Praise 14.interview with Young 15.Bye Bye Blackbird 16.interview with Van Rooyen 17.Crossover <Personnel: Steve Gadd - drums, Arck Van Rooyen - trumpet, Warren Bernhardt - piano, Eddie Gomez - bass, & George Young - sax)

販売中 価格  ¥ 3500

購入希望
CHECK!
購入希望の方は上のボタンをクリックしてください。